協会概要
1.名 称

  一般社団法人 軽金属製品協会
  (英文名 Japan Aluminium Products Association)


2.所在地 ⇒案内図はこちら

  東京本部
  〒107-0052 東京都港区赤坂2丁目13番13号 アープセンタービル4階
  TEL.03-3583-7971  FAX.03-3589-4574

  試験研究センター(取手試験所) 
  〒302-0034 茨城県取手市戸頭 9-18-3
  TEL.0297-78-2511  FAX.0297-78-2278

  大阪支部
  〒532-0011 大阪府大阪市淀川区西中島5丁目7番11号
  TEL.06-6306-64511  FAX.06-6306-6452

  名古屋事務所
  〒492-8211 愛知県稲沢市稲沢町北山 53-3
  TEL.&FAX.0587-21-7790


3.事 業

  アルミニウム製品製造業界ならびにアルミニウム表面処理等加工業界に関する以下の事業。
  1)各種情報の収集ならびに提供
  2)製品や技術に関する標準化
  3)製品の安全対策
  4)環境対策、エネルギー対策
  5)品質性能評価試験
  6)新技術および改良技術の研究
  7)調査および統計資料の作成
  8)需要家・消費者への広報ならびに相談業務
  9)関係官公庁への意見具申ならびに協力
  10)関係団体との協力
  11)会員相互の親睦および福祉
  12)会誌その他刊行物の発行
  13)講習および教育ならびに検定試験
  14)その他本会の目的遂行に必要な事業


 <分野別の主な事業内容>

 建 材

   ・表面処理JISの原案作成、建設省等の公共建築の標準仕様への提言
   ・協会規格の策定、メンテナンス等にかかわる業界指針の作成
   ・暴露試験や実際の建物における耐久性の調査
   ・関係団体(エキスパンションジョイント、金属笠木、アルミ手摺)との協力

 表面処理
   ・PRTR(化学物質の排出管理)、排水規制、副生水酸化アルミの再利用
   ・表面処理工場の環境対策 
   ・データベース構築とサービス
   ・表面処理専業者の経営と技術についての情報交換、ユーザーに相談業務
   ・JIS、ISO等の策定と普及

 家庭日用品
   ・JIS、SG安全基準、協会基準等の策定と普及
   ・消費者へのPR、「アルミと健康」の情報発信、消費者相談業務
   ・安全対策、PL対応、品質表示、リサイクル推進
   ・見本市への参加、取引慣行改善、Gマーク受審の推進

 はしご脚立
   ・安全対策:SG安全、協会基準の作成,本体表示ラベル取扱説明書の共通化
   ・店頭用POPなど消費者用啓蒙策

 
産業用品
   ・各分野で使われる多種多様なアルミ部品の現状調査
   ・新規技術開発情報、表面技術開発への反映


4.沿 革

   昭和20年 「アルミニウム板製品工業会」(当会の前身)が設立される。
      24年 「軽金属板製品協会」創立。
      45年  形材や鋳物製品も対象にするため、「軽金属製品協会」と改称。
   平成 元年  取手分室建設、試験研究センター事業を開始。
      16年 「有限責任中間法人軽金属製品協会試験研究センター」設立。
      21年 協会と中間法人を統合し「一般社団法人軽金属製品協会」となる。


5.役 員

※主な役員

  • 会     長       倉智 春吉  (株式会社日本電気化学工業所 取締役社長)
  • 副  会  長       森本  潤   (YKK AP株式会社 執行役員)
  • 副  会  長       山田 浩司  (三協立山株式会社 常務取締役)
  • 副  会  長       山田  隆   (株式会社山田軽金属製作所 取締役会長)
  • 専 務 理 事       佐藤 信幸
   <2017年(H29)年度 協会役員>
6.会員数

   正会員 80社  賛助会員 9社 (平成29年7月現在)