バナー画像
  • ホーム

アルミ表面技術研究所

ホーム

ご挨拶

ご挨拶


 現在ではアルミニウム部品に耐食性や装飾性の他、抗菌性、潤滑性、平滑性、耐摩耗性、耐電圧性などいろいろな機能を付加して製品の機能性を高めることが求められています。当社は、一般社団法人軽金属製品協会と日本を代表するアルミニウム表面処理会社の共同出資会社で、協会の試験研究センターや関連会社の協力を得てお客様の要望される機能や外観、特性を持つアルミニウム表面処理の試作及び新技術の開発を行います。これによって差別化したアルミ製品(部品)を実現し、それを用いた製品の高品質・高機能化に貢献したいと考えています。また、試作品の製造についても関係の専門会社で製造できます。お客様の求める最適なアルミ表面処理を提案する、これが当社の理念です。


What's New


講習会 開催案内
 この度当社は軽金属製品協会と共催でセミナーを開催することになりました。
 テーマは令和2年、特別セミナー 第2弾
  『アルミニウム表面処理の基礎講座』 
      営業成績を伸ばすための、陽極酸化処理セミナー
      これを学べば、あなたの営業成績があがる。
  
 詳細はこちらからご確認ください。 


講習会 開催案内
 この度当社は講習会を開催することになりました。
 テーマは令和元年度アルマイト染色の実務を学ぼう【陽極酸化条件と染色性】です。
 詳細はこちらからご確認ください。 


アルマイトの試作・処理技術開発・皮膜物性解明・不良解析は、当研究所へ
 当研究所では、陽極酸化処理槽(小型試作ライン・陽極酸化試作ライン・大型高速試作ライン)を活用して、様々なご相談を受け付けています。。
 是非ご利用ください。処理槽の詳細はこちらからご確認ください。


講習会 開催案内
 この度当社は講習会を開催することになりました。
 テーマは金属3Dプリンタ造形物のアルマイト処理を学ぼう【シリーズ1回目 3Dプリンタの基礎とアルマイト処理性】です。
 詳細はこちらからご確認ください。 


装飾アルマイト試作設備を新設
 この度当社は装飾アルマイト試作設備を新設致しました。この設備では【電解研磨】【化学研磨】【染色】、アルマイトは【硫酸皮膜】【しゅう酸皮膜】【りん酸皮膜】を行うことが可能です。                 

新設電解設備の全景



高効率水素発生器を日本精線㈱と共同開発 -通電加熱アルミモノリス触媒を利用-
 当社ではかねてより陽極酸化皮膜を触媒担体として白金を担持したアルミモノリス触媒を研究開発してきましたが、ステンレス線専門メーカーである日本精線㈱と共同で通電加熱触媒方式でエネルギー効率がよくコンパクトな有機ハイドライド脱水素反応器を開発し、このほど毎時水素発生量1Nm3の実験機を開発してその性能を実証しました。                  
詳細を見る



高耐電圧COAコートとこれを応用したCOAコートアルミニウム電線
 この度当社は、耐電圧(絶縁耐力)の高い(2~8kV)COAコートとこれを利用したアルミニウムマグネットワイヤ-を開発した。
 COAコートは、電気自動車の普及に伴って電気絶縁性の高いアルミニウム表面処理が求められていることに対し開発してきたもので、COAコートしたアルミ線の製造技術も併せて開発したものである。
詳細を見る
アルミ電線




MENU


(株)アルミ表面技術研究所
茨城県取手市戸頭9-18-3
TEL:0297-78-2541
FAX:0297-78-2278
E-mail:ast@apajapan.org

@は半角にしてください。

Copyright(C)2011 ALUMI-SURFACE TECHNOLOGIES Co., Ltd. All Rights Reserved.

技術相談